投稿

4月, 2018の投稿を表示しています

ジョン・マクレーの死後も「フランダースの野に」の詩は受け継がれる

イメージ
先の記事に 「アンザックデイで何故赤のポピーが象徴とされるか?」 を取り上げました。 背景に第一次世界大戦中、兵士であり医師であり更に詩人であった”ジョン・マクレー”の書いた詩がもとになっている事をお伝えしました。 では、なぜオーストラリアや他の国でも戦争の記憶として「赤のポピー」が広がったのか? マクレーが詩を書いたのが1915年5月3日。戦死した友人の埋葬を終えた翌日です。 やがてこの詩は1915 年 12 月にイギリス雑誌に発行されました 。 1918年、当時マクレーは フランスでイギリス軍の医療支援を行っていました。 ところが戦時中の膨大な医療活動のもと肺炎と脳膜炎を煩い他界しました 。 赤いポピーの輪が広が る その後、休戦前にこの詩を読んだアメリカの YMCA で働くモニカ・マイケルさんがとても 感動し、それ以降ジョンマクレーの詩の中で彼がで主張した信念を継続するために赤の ポピーを身に着ける決意をしました 。 ドイツ降伏と第一次世界大戦終結 日 1918 年11月に他の国々からの YMCA の秘書たちの集会で彼女は身につけているポピーに ついて語りました 。 それに感化されたフランスの YMCA 秘書が、戦争で未亡人や孤児になった人たちやケアの 必要な兵役経験者また残された家族への基金としてポピーを売る事を提案。 ポピーの象徴はどんどん広がりやがて 1918 年 11 月 11 日の「休戦記念日」に戦争の記憶の花 として正式に受け入れられました 。 オーストラリアではアンザックデーにおいてもポピーが「戦争の記憶の花の象徴」となっ たのです。 各国で行われる11月11日の休戦懸念日とアンザックデイに皆赤のポピーのバッジを身 に着けたり飾られるのはこのジョン・マクレーの詩がもとになっていたのです。 基金活動 アンザックデイ前には、さまざまな所で救済のための基金活動があります。 Donの学校でも手作りのアンザックビスケットやアンザックデイと書かれたバッジを販売し て募金活動をしていました。 赤のポピーのバッジは毛糸であまれ

Anzac Day (アンザックデイ) の象徴「赤いポピーの花」が意味するもの

イメージ
前回の 「在住者として知るべきアンザックデイの歴史」 の記事で「赤のポピー」が登場しました。 ここでは、その背景にある深い意味を紹介します。 読んで下さった後には、感慨深いものがこみ上げてくると思います。どうぞお付き合い下さい。 何故ポピーの花? これは、 「戦争の記憶」を象徴 しています。 第一次世界大戦後、フランス北方やベルギーの戦場後の春に初めて咲いたのがこのポピーの花。それはまるで戦場に消えていった犠牲者の流した血のようでした。 ポピーが象徴となるきっかけとなった人物 先に書きました光景を詩にした人がいます。 その人の名は John McCrae(ジョン・マクレー)。 その詩のタイトルは 「 In Flanders Fields 」 (フランダースの野に)として今日までずっと引き継がれています。   ジョン・マクレーについて ジョン・マクレーはカナダ人の詩人でかつ医者でした。 若い頃から詩に興味を持ち彼の生涯を通じて書き続けました 。 41 歳の時、第 1 次世界対戦が突発 。 彼は遠征軍隊に志願しました。この時、彼の年齢やトレーニング歴を考慮して医療団に入ることもできましたが彼は軍隊員を希望し、ボランティアで医療チームをサポートしました 。 その背景には彼の父親の存在が大きな影響を与えていました 。 父親は軍隊長でそのもとで育ったので小さい頃から自国のために戦うことが任務であると信じて育ったからで す 。 1915 年 5 月 2 日、ベルギーのフランダース地方にあるイペレーで 彼の友人がドイツ軍の攻撃で戦死しました。 この時、牧師は他の任務があったため彼の代わりにジョンマクレー自身がその友人の埋葬を行いました 。 これが詩を作るきっかけとなったのです 。 友人の埋葬で見たもの 友人の埋葬をしたフランダースの野にはイペレーの戦場に消えていった他の戦士たちのお墓の周りに赤いポピーが広がっていました 。 悲惨な戦場地に何とも早く開花した赤いポピーたち 。 この光景から彼は友人の埋葬を終えた翌日 5 月 3 日に詩を作りました 。 イペレー郊外にある前線応急救護局の救急車

4月25日はアンザックデイ。在住者として知っておくべき歴史とは?

イメージ
4月25日は ” ANZAC DAY (アンザックデイ)” 歴史詳細は後程、その前に先に当日の写真です。 祝日ですが、 Don の学校もマーチと追悼式に参加してきました。 シドニーやブリスベンの大都市と違って人口わずか5千人あまりの田舎町。 マーチの為の道路封鎖もどでかいキャリアカー一台がでーん!とふさいで間に合います。  マーチ開始前に集合する参加者たち。 いよいよマーチが始まりました。 兵士たちを先頭に記念碑前に向かいます。 Donの学校のマーチ隊も記念碑へ。 追悼式最中はあまり撮影していませんがその一部です。  追悼式は毎年、国歌斉唱から始まり「Last Post」と呼ばれる軍葬ラッパが兵士たちによって演奏されます。 その後、その町ほぼ全ての事業者や学校、個人関係者によるリースの献花が行われます。 記念碑前にて  この記念碑には戦争で亡くなった兵士たちの名前がきざまれています。 義姉の旦那さん側の親族の名前もここに刻まれています。  記念碑の後ろには、毛糸であんだ手作りの赤いポピーの花が敷かれています。 何故赤のポピーか?兵士たちの流した血と戦争の記憶の象徴です。これに関しては別記事で紹介します。 この十字架には、アフガニスタンの任務で亡くなった若い兵士も含まれ、その若者は義父母の家の近隣に住んでいたらしく何とも言えない気持ちが沸いてきます。 追悼式終了後は、戦車が登場 子供達と兵士たちの触れ合いの場が設けられ、実際に中を見学できます。 さて本題に入ります。 オーストラリアに旅行した方やお土産などで「アンザックビスケット」というのを目にした方も多いと思います。 義母の手作りアンザックビスケット そのくらいオーストラリアを代表する有名な日。 在住者として地元の人たちと共に生活していく中できちんとこの日を理解して置く事はとても大事です。 これからは 「日本人在住者として知っておくべきアンザックデー」 を記事にします。   Anzac Day  とは? 毎年 4 月