Year 4 ”2学期”開始だ!割り算登場、大丈夫かいな?


オーストラリアでは日本の小学校の学年年齢より1学年上になります

という事で、我が家のDonはただ今’’Yea4”。日本だったらこの4月から小学校3年生。

「St.Joseph's primary school」という私立のクリスチャン校に通っております





校庭の一部の写真ですが、川沿いにあって何とも大自然に囲まれた環境。
田舎の醍醐味です。

さて今年の年間スケジュールは

  • 1学期:1月23日~3月29日(10週間
  • 2学期:4月17日~6月29日(11週間
  • 3学期:7月17日~9月21日(10週間
  • 4学期:10月9日~12月7日( 9週間
毎回思うのが、1年に4回も休みがあるのって日本じゃ考えられないぞ

私の頃、そりゃ~遥か昔、昔、その昔の話になるとは言え、4月開始で7月3週目辺りの夏休みがやってくるまでしかも土曜日も午前中までとは言え授業みっちり、宿題みっちりだった。。。ですよね。

それが、約2か月半ごとに約2週間半のスクールホリデーがやってくるのです。

しかも宿題なーし!🙌

学年が終了して翌年までは何と約2か月のクリスマスホリデー

楽しいはずだ。納得だ😄。。

何だか本題からそれてしまいました。。

さて、表題の「割り算」です

割り算じわじわ授業に登



いよいよこの火曜日から2学期開始

そこで登場したのが「割り算」だった様子

1学期から簡単な割り算はやんわりと学んでいたらしいです。

÷2とか。又、物を使って簡単にリンゴが6個、これを3人で分けると?など

何故「学んでいたらしい」という確定できない表現を使うか

教科書がないから何をどう学んでいるのか見た目で把握できないのが現状なのです

先生が自由に教材を選んでプリントしたものを白紙のノートに貼り付けたのが教科書の代わり。しかも家には持ち帰ってこない。。

スクールバッグの中は、モーニングティ用のフルーツとランチとアフタヌーンティ用のスナック、ウォーターボトル、唯一ある宿題の読書記録で満たされる。。

おっと、また話が本題からそれてしまいました

どのように教えてる

Donに聞きました。具体的に計算式をどうやって教わってるのか

最初は、皆が出来る簡単な2の段の掛け算をもと

÷ inside 10(10の中に2がいくつあるかを意味

上記のように先生がホワイトボードに書いて皆で2の段の掛け算を言って10と言う答えになる5をみつける訓練。(2×5=10

これを30まで繰り返して練習したようです

その翌日、皆に衝撃が

たまたまその日は臨時担当の先生の日

ワークシートで掛け算、割り算の計算問題があったらしく、その中

全部で648本のペンがあります。これを4本ずつペンケースにいれるといくつペンケースが必要か?


帰ってくるなり

Mum, I had no idea how to solve such  big numbers.

(ママ、あんな大きな数字どうやったらいいのか分かんなかったよ。

私も衝撃!割り算駆け出しなのにしかも応用問題で3桁の数

「筆算習った?💬」と聞くとまだらしい

「他の子は?💬」と聞くと皆同じ状況

中には先生を呼んで割り算の所

What does this sign mean? I have never seen this sign in my life!

(このサインいったいどういう意味?私の人生の中でこんなの見た事ないわ!😧💨

とまで興奮した女子も。

その子はもちろん割り算のサインは知ってるけどそれにくっついてきた3桁以上の数字に対してパ二くったでようでアシスタント先生になだめられたんだそうです

結局、それはたまたまその日の臨時の先生との引き継ぎ不足だった事、又掛け算と割り算の理解度を調査しただけだそうですがそりゃびっくりしますわ。

続きは筆算登場だろうな。。。3桁の問題、解くんだったらな。。。

そしたらどうやって教えているのか聞き出してみよう。



コメント

人気記事

吉本奈津子さんが演奏です。その価値なんと約1億円以上のヴァイオリン!

Tortoise(トータス)かTurtle(タートル)か?亀は亀でも違う事を学んだ体験記。

ABC人気キャスターの田口久美さんもヴァイオリニストだった!