投稿

5月, 2018の投稿を表示しています

Toowoomba(トゥウムバ)へ行く

イメージ
5月25日(金)、
DonのAMEBピアノ検定の為にここガインダから車とばして約3時間半の都市、
Toowoomba(トゥウムバ)まで行ってきました。
一体どこにあるのか?
オーストラリアでは大都市の一つとして知られていても国際的な観光地とまではいかないのでこれを機会にご紹介します。





何が有名か? 1.人気の高い高校が多数 ここでオーストラリア クィーンズランド州の学年制度を紹介しておきます。
オーストラリアQLD州の教育制度 ☆Primary school(小学校)
Prep(プレップ)小学校準備学級(4歳~5歳)からYear6(10歳から11歳)まで。
☆High school(高校)
Middle high school:Year7(11歳から12歳)-Year10(14歳から15歳) ・Senior highschool:Year11(15歳から16歳)-Year12(16歳から17歳)
ToowoombaはハイレベルのBoarding school(全寮制 寄宿舎学校)が多数ある事で有名 ボーディング(boarding)の意味は「寄宿、下宿生活」。
両親・家族と離れて寮生活をし、学業はもちろん規則、礼儀、自立心、コミュニケーション能力を養成する場所です。
地方出身者の多くの子供たちは早ければ小学校を卒業後のYear7(11歳―12歳)から、もしくは大学進学に重要な最後の2年、シニアハイスクールの始まるYear11(15歳~16歳)から入学します。
入学の学年はいつでも可能。
地元に希望する高校がなかったり、もっと高い教育を受けさせたいと志願する場合にそう簡単に引っ越すわけにはいきません。
その場合、ボーディングスクールを探します。

私立学校なので通常支払う学業費用に加えて寮費もかかるので大変な出費ですが学業だけでなく、音楽やスポーツにもかなり力を入れていてレベルの高い先生を揃えているのが特徴。
トゥウムバはブリスベンに続いて人気のある所なのです。
中でも最も人気の高い“Toowoomba Grammar school”の外観を覗いてみました。
“Toowoomba Grammar school” 新しく建設中のフットボールフィールドらしい。

AMEB ヴァイオリン検定を受けにバンダバーグまで出向く。

イメージ
昨日、2018年5月19日(土)は何とも目出度いプリンスハリーとメーガンの結婚式で盛り上がった日。

一方、我が家のDonは初めてのヴァイオリン検定に挑んだ日。

嬉しい事にそれぞれの時間帯が昼と夜にずれてくれていたおかげでばっちりテレビで結婚式を見る事が出来ました。。。。っとその記事ではありません。






AMEBと呼ばれる音楽の検定。これは、旧ブログでも紹介しましたが「Australian Music Examination Board」の略

ピアノを中心にほぼ全ての楽器の検定が受けられます。

日本にもある「 Associated Board of the Royal Music Schools (ABRMS) 」に似ています。

もちろんこの検定も受けられますがオーストラリア在住者はAMEBの方を受ける人が多いです。

(詳しい事はまた別記事で紹介します。)


バンダバーグの私立高校で開催各州ごと、更には各地域別にスケジュールが決められていてこの査定の為の特別資格保持者である試験管はそれに従って各会場を巡ります。

Donはいろいろ楽器を習っていますが検定(試験)を受けたのはピアノが最初。

初めて受けたのは2016年10月でサンシャインコーストまで行ってきました。

その時の記事は「AMEBピアノグレード3」で会場となった私立高校も含めて写真で紹介しましたが、月ごとに開催される地域が設定されています。

去年も含めて10月に試験をうける準備を整えてきたので自ずと設定されている場所が4時間弱もかかるサンシャインコーストまでの長旅だったのです。

今年は、先生がもう少し早い時期で尚且つここから一番近い場所にしよう!と5月開催のバンダバーグへ申し込み。あのチャールズ皇太子が訪れたバンダバーグラム酒で有名な。


ピアノの先生と試験会場前で。

試験会場は「St Luke's anglican school」(セイント  ルーク アングリカン学校)の「ミュージック デパートメント」で。

去年夫と一緒に将来のDonの高校選びの見学に訪れた学校の一つ。その時、案内してくれた人がAMEBの試験会場になっているって言ってました。

個室のレッスンルームが5部屋ほど。

チラッと大きな試験会場を覗くと素晴らしい黒光りのヤマハピアノとミュージックスタンド、試験管用のデスクが設置されていました。

Donはプログラムの1番目でしかも到着が早か…

Ugg Boots(アグブーツ)の出番!

イメージ
前回の記事で今年のオーストラリアの冬は、
☆特に南側の地方で“寒波が襲うという予報”
と正反対の
☆“例年より暖かい冬の予報”
両方がある事をお伝えしました。
どっちにしても冬が来ることは間違いありません
もうここ最近は朝7,8度まで下がってきました。
そこで大いに役立っているのが
UGG BOOTS!(アグブーツ)




ケアンズ時代にお店でよく拝見したけどあの頃は1年通して暖かかったのとスリッパで十分防寒対策が出来たので購入に至りませんでした。
かわいいな、、、って思っていたけど。。。
そもそもUGGBootsって?
日本でも人気ありますね。
オーストラリア土産の人気商品でもあります。
アグブーツと言うのは、オーストラリアやニュージーランドでは「シープスキンブーツ」(ムートンブーツ)の総称で呼ばれています。
外側がシープスキン、内側がふわふわ羊毛素材になっているブーツです。
Ugg商品としては私もかれこれ昔26歳の頃、9月にシドニーに旅行した時に”Uggジャケ
ット”に一目ぼれして購入、そのまま現地で来てました。今思えばこっちに持って来ればよ
かったな。。。

ブランド名で“Ugg Australia”が有名ですね。


かかとの所に"UGG"のブランド名があるだけで何かブランドです!って感じです。これが人気の秘訣ですな。

インフルエンザの予防接種2018

イメージ
今朝は冷え込みましたよー。8度。






昨日インフルエンザの予防接種に行ってきました。




ここガインダに引っ越してきてから義姉たちから強く薦めれ毎年受けるようになりました。それだけ冬らしい冬を経験する町です。

昨日の朝は11度。まだ暖かめ。さすがに今日のように10度を切ると風が冷たいブッシュです。
でも昼間は30度近くまで上昇するのでこの気温差が体の調子を狂わせます。



さて、インフルエンザの予防接種の手順について!
初めての時は困惑しましたよ。

何故かって注射してもらうまでにややこしい手順をふまないといけないのです。

1.病院予約。ドクター検診をしてまず処方箋を書いてもらう。
2.それを持って薬局にいき、自身で注射を購入。
3.再度、ドクター予約をして注射してもらう。

でもこれも運がよければ①のドクター検診後、病院に予防接種の在庫があってすぐ注射してもらえる場合もあったり。。。

或いはその逆で、病院にも薬局にも在庫がなく入荷次第また再予約しなければならなかったり。。。

でも去年と同様、今年は病院に在庫があって検診後に即受ける事が出来ました。

更に最近では薬局で予防接種を出来る資格者がいる場合は、病院に行かなくても受けられるようになってとっても便利。

でも病院でファミリードクターのもとで受けるほうが履歴も残って安心なのも事実。


Donは2日前から38度以上の高熱が出てどうやら風邪をこじらせて抗生剤治療が必要になり1週間ほど先送りです。

インフルエンザ予防接種の料金は?
確か一昨年も去年も一人19.95ドルだったのですが、今年は約15ドルでした。

クィーンズランド州の案内によると、今年は”6か月から5歳未満”と”65歳以上”は無料で接種できるようになったとの事。(その他もフリーの条件に該当する人あり)

昨年インフルエンザ患者が相当増大した為、特にリスクを伴う人や年齢層は無料で接種出来るようになったんですね。
How do I get the vaccine?Many workplaces offer a free flu vaccine for employees, but if yours doesn’t and you’re an otherwise healthy person, you can get one from your local GP for around $15,…

どうなる、オーストラリアの今年の冬の寒さ?

イメージ
ここ最近,朝夕少しずつ冷え込んできました。
暦上、いよいよ来月6月から冬です。
今年の冬の寒さ度合はいろんな情報が飛び交っています。
数か月前に耳にしたのは
「今年は100年に1度の寒波が訪れるらしい。」
ほんまかいな?まだまだ暖かいぞ。
インターネットで調べる事にしました。
David Taylorというアマチュア気象学者の予報
AUSTRALIA SET TO HAVE COLDEST WINTER EVER THIS YEAR

引用:AUSTRALIA SET TO HAVE COLDEST WINTER EVER THIS YEARよりhttp://www.973fm.com.au/newsroom/australia-set-to-have-coldest-winter-ever-this-year
やっぱり今年は一番の寒さになるらしい。
この人によるとNSW(ニューサウスウェルズ州)、VIC(ビクトリア州)、TAS(タスマニア)、SA(南オーストラリア州)とQLD(クィーンズランド州の南部(ブリスベン、サンシャインコースト、ゴールドコースト辺り)が特に寒くなるとの事。
しかも今まで長い間、雪の降らなかった所にも可能性があるらしい。。。
先に登場したそれぞれの州の位置です。↓


3月の時点での予報です。
今のところまだ寒波は襲ってきていません。
でも朝夕が12°から15°、昼間が30°近くで気温差と乾燥で風邪が流行り始めました。
Donも昨夜から喉の痛みを訴え、あんなにしゃべりまくってたのに急に38度以上の熱😈
もう扁桃炎の摘出手術済みなので40°まで上昇するような心配はないけど久しぶりに心配になった母心。
今日も朝方、38度にぶり返して学校はお休み。
本当はインフルエンザの予防接種をしに病院に行く予定だったけど先送りです。
さて、一方で専門の気象予報士さんは何とおっしゃっているのか?
Weatherzone meteorologist ”Max Gonzalezさん”によると、
But using the Bureau of Meteorology's seasonal model (POAMA), Mr Gonzalez predicted we’re in for a warmer than average June to August period.
引用:9ニュー―スサイトより
ht…

秋めいたガインダの朝

イメージ
ここ最近めっきり秋らしくなってきたガインダです。

 オーストラリアの季節は暦上で 

☆9月から11月が春

☆12月から2月が夏 

☆3月から5月が秋 

☆6月から8月が冬 

 なので5月に入った今は秋の最終月なんですね.。

クイーンズランド州は暖かい地方。とは言え、とても広いので地域によって気温差がかなりあります。

ここは内陸地なので昔住んでいたケアンズやボウエンに比べて秋らしさ、冬らしさという季節を体験。

 今は朝夕が平均して14度から16度あたり。

少し冷え込む朝になってきました。 とは言え、昼間はどんどん気温が上昇して30度前後。 エアコンは不要で助かりますがまだまだ夏服です。

 さて、いろいろ不便なブッシュ生活ですが朝の何とも言えない黄金に輝く日の出の瞬間は田舎の醍醐味を味わえます。 

という事で朝5時半から6時半あたりに撮った朝の写真をお届けします。

4月23日 朝5時46分
4月25日 朝6時
4月26日 朝6時26分
4月27日 朝6時18分

1分後

こうして朝日の登場を眺められると「今日も頑張らにゃいかんな!」と勇気づけられる私であります。
ブッシュからお届けいたしました。
さて、今日5月5日は姪っ子の結婚式。私も年をとるはずじゃ。。。8歳の息子がいるとまだまだ若い気満々だけどな。。。
これから教会での挙式とカクテルパーティーへ行ってまいります。

バンダバーグのマーケットはこんな感じ。マンゴーメロンなるものも発見!

イメージ
先週日曜日、バンダバーグへ行きました。
ここ田舎町から約2時間。
一番の目的は、DaddyがGumtreeという個人で出店するネット販売でバンダバーグの居住者から購入したDonの音楽の本を受け取りに行くため。
ならばついでに、久しぶりの日曜朝市へ行こうではないか!
という事で今回はバンダバーグでとても人気のあるマーケット、
Shalom Markets(シャロム マーケット)の紹介です。

開催場所Shalom College(シャロム カレッジ)と言う大きな私立高校のアウトサイドで開催されています。 この高校は芸術系に力を入れていて人気のある私立高校の一つです。マーケット開催の様子は下記URLで詳しく見れます。
http://bundabergregionevents.com.au/events/shalom-markets
開催日☆毎週日曜日の早朝6時から午後12時まで。
いろんな物が販売 新鮮な地元産の野菜や果物手作りジャムやチャツネなど帽子、バッグ、アクセサリー、ベルトなど衣類系本、CD,DVDなど書籍系工具、農具系石鹸やクリームなどの美容系おもちゃ系ハチミツやワインやジャーキー健康医療関係この他、犬とか鶏とかブタとか家畜系窯焼きピザ、シーフードなどなど。








特に皆のお目当ては、新鮮でなおかつ安い野菜や果物。
この他、中古でもいい掘り出し物が見つかる事が多いのでそれを期待して訪れています。
今回購入したものは。。。
ピアノとギター演奏の中古CD 各5ドル
ハンドメイドの杖 $20 
何で杖か?
私のじゃありません。まだそこまで老いておりません。😅😅
Donのものです。
Roald Dahl作の「Willy Wonka & the ChocolateFactory」の本を読んだ後、たまたまテレビで2005年版「チャーリー&チョコレートファクトリー」(ジョニー・デップ主演)が放送されました。 <