オーストラリアの学校が選ぶ第二外国語。日本語、中国語それとも?

前回の記事で、

去年から開始した息子Donの小学校の”第二外国語の授業”に

中国語が選ばれスカイプ授業を楽しんでいる事をお伝えしました。

今回は、オーストラリアの学校で多く選ばれている”第二外国語”は何か?


まだまだ日本語は人気あるのか?


これについて書きます。


ケアンズ、ボウエン、チャーターズタワーズと今まで滞在した土地全てに日本語教師がいました。

特にチャーターズタワーズやボウエンでは日本人は私とその先生の二人だけ。

そんな日本人の少ない田舎ながらも日本語授業があることに感動しました。


そして更に”ど田舎”のここに来てDonが小学校に通うようになり

”外国語”の授業がない事にいささかショック。


子供時代に早く外国語に慣らしてあげた方が楽なのにな。。。と思っていました。

それでも我が子にいたっては私が日本人なので日本語という第二外国語を学ぶ環境でラッキーだ!とも。。。


何人かのママからは「日本語教えて」と依頼され、

「こんなチャンスが訪れるなら日本語教師になる道を選べばよかったか?」

とも思い、いろいろ調べて”そんな簡単な道ではない!”現実を知りました。



とりあえず私に出来る”日本文化の紹介やアクティヴィティ”を幼稚園や小学校で披露。



そしていよいよ去年からDonの学校でも”第二外国語”授業が組み込まれ、喜ばしい教育環境へ!

Donに関しては更に中国語も学べる事に!いい事だ!


そこで気になってきたのです。

人気のある日本語じゃなくて”中国語”が選ばれた事。😡

オーストラリアの学校で教えられている外国語TOP10

2017年3月現在でもっとも教えられている外国語は、

1、日本語
2、フランス語
3、ドイツ語
4、中国語
5、インドネシア語
6、イタリア語
7、ギリシャ語
8、ベトナム語
9、スペイン語
10、アラビア語

やっぱり圧倒的に日本語が人気!

でもシドニーのあるニュースサウスウェールズ州では該当外。

1位は中国語
2位がイタリア語
3位がアラビア語

詳しくはこちらをどうぞ。

オーストラリアの子供たちに本当に教えるべき外国語は何か?


について記事にしているのを見ました。

Which languages should Australian children be learning to get ahead?

引用:ABCニュースより
http://www.abc.net.au/news/2017-03-24/which-languages-should-australian-children-be-learning/8383146


世界には7,099もの言語が存在すると言われています。

世界で1番使われている言語TOP3

1位 マンダリン(中国語)
2位 スペイン語
3位 アラビア語

投資国先の言語TOP3


1位 インド
2位 インドネシア
3位 マレーシア

オーストラリアの貿易関係国TOP3

1位 中国
2位 日本
3位 アメリカ
4位 韓国

☆アメリカは英語圏なので韓国語が3位とみる。

オーストラリア在住者の第二外国語Top3


1位 マンダリン(中国語)
2位 イタリア語
3位 アラビア語

こうしてみるとやっぱり”中国語”が重要視されてきているのも理解できます。

記事は、日本語の根強さの背景にも触れていました。

1970年後半から政府の資金援助による”日本語教育”が強く推奨されていました。
一方で韓国が徐々に貿易関係国に浮上。

その後、2008年に日本語だけでなく中国語、インドネシア語と共に”韓国語”も政府の資金援助の対象になりました。

ところが”韓国語”に至ってはそこまで選択されていないのが現状。

(ピッカーたちは一杯いるけどな。。。)

やがてクィーンズランド州政府は方針を決めました。

”外国語選択”に関してはその学校の自治体との協議のもとで決めるようにと。

自治体との協議。。。

これが結局はその言語を教えるに匹敵する能力へと先生をトレーニングするには時間がかかる事になり、選択したくても先生不足となる。。。

そこで新たな政策としてデジタルテクノロジーを使っての授業が推奨され始めました。

Donの学校でスカイプでのネィティヴ先生の授業はまさにこれに該当します。



オーストラリアの貿易国に韓国が重要な位置を占めてきた今日、更にはピッカーたちもたくさん訪れるようになりました。

バンダバーグのショッピングセンターにあるフードコートのテイクアウェイ店なんて
皆韓国人です。

中でも”Nodaji sushi"のご夫婦らしきオーナーは区別が私にもつかず、日本語で話しかけてみたら「韓国人です」と😄。。。


娘さんかアルバイトか分からないけど、とっても美しい女の子がおそらく100均で購入したであろう”寿司ネタ”が漢字で書かれた手ぬぐいを頭に巻いて巻き寿司を巻いていました。


だからこっちの人からすれば違いは分からないだろうな。。。

ここ田舎町にはピッカーたちが多くそのほとんどはフランス人か韓国人、ニュージーランド人が多いと言われています。

日曜の教会のミサに出席する韓国人たちも多く、その為に韓国語の聖書も置いてあります。

テレビでもK-popが放送されているし、携帯電話サムソンや自動車では"Hyundai"が
日本車より安い価格で燃費を良くして販売。

Hondaの”H”のマークじゃなくて”Hyundai"の”H”が斜めになった車が多くなってきたのも事実。

空手も人気あるけど”テコンドー”もかなり熱い!
実際ここではテコンドーのレッスンしかない!(それでもありがたいです)

何だかここでは日本文化よりも”韓国”とみかんの最大の輸出先”中国”が身近になっています。

公立学校の校長先生もテコンドーを習っていて先日「今度研修制度の一環で中国へ行く」と言ってました。(日本にも行ってー!)


日本で韓国語修得の人気があるようにオーストラリアでも徐々に韓国ブームが浮上してくるかもしれません。

とは言え、やっぱり日本語を重要視してくれる時代が続く事を祈る私です。

いずれにせよ、英語は必須他の外国語を学ぶ事は益々進化するグローバル時代に欠かせない要素になってくるだろう。。。

例えロボットを始めテクノロジーが言葉の壁をなくしてくれても

人と人としての生のコミュニケーションには叶わない。

言葉の壁、やっぱり小さい頃に外国語を習わせてあげる事って大事です。

バイリンガルに育てるのはそう簡単ではなく親が環境作りをしてサポートしないと自然にまかせるだけでは無理。

中国語の授業もしないよりは効果があるけど使わないとしゃべれるようにはならない。

日本の英語の授業と同じ。とするならば、Donの中国語の話し相手がいない場合、家に帰ってきてから一生懸命私に教えてくれるその私が相手にならないと???

発音の問題が出てくるけどyoutubeでお世話になればどうにかなるかもしれない。

英語の発音改善だけでも大変なのに。。。

いや、新たな外国語の修得はボケ防止にもなる。
チャレンジだ!

外国語は通じる喜びを感じられたら一気に開ける素晴らしい世界です。




コメント

人気記事

吉本奈津子さんが演奏です。その価値なんと約1億円以上のヴァイオリン!

Tortoise(トータス)かTurtle(タートル)か?亀は亀でも違う事を学んだ体験記。

ABC人気キャスターの田口久美さんもヴァイオリニストだった!