投稿

8月, 2018の投稿を表示しています

今年も”Maryborough Eisteddfod”で熱演!You-tubeアップしました。

イメージ
前回の記事でMaryborough(メェアリバラ)の都市を紹介しました。

さて、今回はDonちゃんのコンクール結果の記事です。



Bloga Theater


じゃーん!

8部門全てで1位に輝きましたよー🙌


今年はピアノの先生の薦めもあって15歳以上と18歳以上の部門にも参加。


ちょっと余談になりますが理由を説明します。


楽器は習い始める年齢によってもレベルが左右されます。


ほとんどのコンクールでは「〇歳以下部門」と年齢別部門を設けているので皆だいたいは

そこにエントリーします。



が先にあげたように習い始めた年齢や環境によってもレベルの差がでてきます。

去年5月に参加した”キンガロイ”という都市のコンクールでは年齢別に加えて

「グレード別」が設定!


これは以前紹介しましたAMEB(オーストラリア音楽検定)の階級をもとにしています。

年齢関係なく、レベル別に分かれているので審査員もやりやすいだろうな。。。と思ったものです。

その時、Donは7歳でAMEBグレード3保持者、グレード4の試験を数か月後に控えている状態。

コンクールは次に自分が受ける階級のリストから自由選択、つまりグレード3保持者だとその次のレベルのグレード4部門にエントリー。

そこには15歳と16歳の子達がいました。
そこでも1位になって審査員賞ももらったのです。

それから先生が18歳以下の部門に出る事を強く薦めるように。。。

本当は今年5月に”バンダバーグ”のコンクールに出場する予定だったのです。
ところが、ここの規定では年齢制限が!

自由選曲部門でも”〇歳と〇歳”と決まっているのです。
(例:9歳と10歳、11歳と12歳、13歳から15歳、16歳から18歳)

なのでその時8歳だった為18歳以下にはエントリーさせてくれませんでした。
先生が関係者にかけあってもルールだからと。。。

更にロマンティック&20、21世紀曲部門では
年齢枠にレベルまでかみあわせて

☆8歳以下:入門レベル○○の本より選曲
☆9歳と10歳:初級レベル以上の曲
☆11歳と12歳:グレード2以上の曲
☆13歳から15歳:グレード4以上の曲
☆16歳から18歳:グレード5以上の曲

他のオーストラリア作曲家部門も同じ感じ。

グレード5の試験を2週間後に控えていたので当然エントリーするなら16歳から18歳部門だったんです。

でも年齢で制限を…

伝統的な建物が立ち並ぶ”Maryborough”(メアリーバラ)の町

イメージ
毎年各都市で開催される”Eisteddfod(アイステッドフォッド)”

-詩、音楽、ダンスパフォーマンスのコンクールー

Donちゃんは6歳の頃から8月に開催される

”Maryborough(メアリーバラ)”と言う

都市のコンクールに参加しています。

今年も行ってきましたよー。

(この記事はまた別に書きます!)


Heritage City さて、Maryboroughはなかなかオージーでもローカルじゃないと難しい発音。
”マァリボロ”と言ったり”メェアリバラ”と言ったり。
”メェアリバラ”と言った方が通じます。


位置はここガインダからだと約2時間、ブリスベンからも約2時間。

人口約28,000人と言われています。
伝統的な建物が受け継がれたとても綺麗な都市。



City Hall

夜のイルミネーションされたシティホールの写真です。

Maryborough Mary River

Mary River
メェアリ―川で知られる都市。




メァリー川で知られるこの町は昔商港で栄えたとの事。
特に1867年に始まった近隣地“Gympie”(ギンピー)のゴールドラッシュをき
っかけに益々商港地として繁栄していきました。

一方、Maryborough近郊では砂糖の産業も拡大。
1865年に製造工場が建設。製材所も開設しどんどん活性化していったそうです。

キャラバンで旅するオージーたちに人気の観光地オーストラリアはリタイアした人たちを始め、キャラバンをひいて旅する人が多いですがその人たちの人気観光地でもあります。
とても綺麗な町でとにかくローカルの人たちの対応が丁寧でやさしい!

いつもコンクール会場に釘付けであんまり観光は出来ないけど 建物を見るだけでも歴史を感じる素敵な都市です。
サイトはこちら↓
https://www.visitfrasercoast.com/Destinations/Maryborough



話題のKombuchaを試した感想。こりゃいける!

イメージ
さて、日本の”昆布茶”ではない

Western wild Kombucha、又は"booch"と呼ばれる

進化した”紅茶キノコ”がオーストラリアのハイスクール売店にも登場した事、
記事はこちら

アデレードのバー&レストランで「ジンとKobuchaをミックスしてジンブチャカクテル

のメニューが登場した事を記事にしました。
記事はこちら


前回の記事ではオーストラリアのスーパーマーケットが新たな差別化戦略として

ケールやKombuchaを取り入れた健康食品の品ぞろえを強化している事をお伝えしました。
記事はこちら


そこで先日都市へ行った時にスーパーマーケットで何種類が購入してきましたよー!
ここ田舎じゃ手に入りませんからね。。。



全てALDIで購入しました。

(ウールワースには時間がなくて行けず。。。)

今まで気にかけなかったけどこれだけ品ぞろいがあるとは驚き。

そして、どれもこれもスパークリングで美味しい!

それでは感想です。(価格はALDI)

MOJO Crafted  Kombucha
☆750ml パッションフルーツ味 $5.99


お徳用サイズ。

味はフルーツパンチみたい。でも甘くない。

気になるシュガーは一杯分(250ml)で5.0g。
100ml辺りだと2.0g。

一応ローシュガーの仲間に入っていて人気ブランドの一つ。

毎日飲むから我が家はこのサイズをまとめ買い。


☆330ml  ストロベリー・ハイビスカス味 $2.89

Donちゃんの一番お気に入りの味。
ハイビスカスティーやクランベリーティを飲んだ事がある方は似た味です。 これも決して甘すぎず、さっぱりしていて飲みやすい。

気になるシュガーは、1本(330ml)に6.4g。
100ml辺りだと1.9g。

☆330ml  ジンジャー味 $2.89
これも美味しかったです。 我が家はジンジャー好きでジンジャーワインもあります。


これをビールにちょこっと注ぐと何ともコクのあるジンジャービアに変身。 。。。っと話がそれました。

このKombuchaの味はジンジャーティみたいです。
スパークリングなのでシュワッとさっぱり。 このお徳用サイズがあればいいのにな。
ALDI オーガニック Kombcha

ALDIには自社ブランドのKombuchaもありました。

☆330ml オーガニック…

Kombuchaにケール!オーストラリアのスーパーマーケット健康路線で差別化図る。

イメージ
Kombuchaのニュース記事の後、スーパーで手に入るブランドを調べていました。

すると、これまた別の記事を発見。(2018.7月6日)

スーパーマーケットの戦いに”健康食品”が新たな武器として強化されているとの事。



Health foods ramped up as new weapon in supermarket wars
FORGET the war for the cheapest milk and bread — Woolworths has launched a new strategy in the supermarket battleground.    (略)
But with about three in four Australians (77 per cent) believing they need to spend extra on more expensive food choices in order to maintain a healthier diet, it’s no wonder Coles and Woolworths have turned their attention to Kombucha and kale. 引用:News.com.auより
https://www.news.com.au/lifestyle/food/eat/health-foods-ramped-up-as-new-weapon-in-supermarket-wars/news-story/640a3e35bcd9fafb636148c70cc513ae
簡単に訳すと、


「ミルクとパンの低価格戦争を忘れろ!
ウールワース(スーパーマーケット)はスーパーマーケット戦場で
新たな戦略に乗り出した。
(略)
4人に3人(77%)のオーストラリア人はよりヘルシーダイエットを維持する為に
多少高価な食品の選択に費やす必要があると思っている。

コールスやウールワース(スーパーマーケット)がKombuchaやケールに関心を向けるのも当然だ。」


Kale
Kombucha




ちなみに遠い昔、日本に滞在していた夫にKombuchaって知ってるか聞くと、

日本の昆布茶の方しか知らなかったー😵

美味しかった思い出話をたっぷりと聞かされました。

そして私はこちらでも人気の出てきたWes…

オーストラリアの5セントコインの裏側はハリモグラの絵!本物に遭遇する。

イメージ
オーストラリア田舎暮らし。

運転中に気を付ける事は”人の飛び出し”よりも”野生動物”です。

特に夜間の運転では車のライトに思わず飛び出してくるカンガルーやワラビーちゃん、他に野ウサギに警戒しないといけません。

オージーブルバーは車の必需品 カンガルーがぶつかってくると車は破損してしまいます。

特に田舎では遭遇頻度も高い!

なのでその危険を回避する為にオーストラリアでは”ブルバー”(Bull Bar)と呼ばれる防御装置を付けるドライバーが多いのです。

ブルバーを設置した車

これで最低限、正面は大きなダメージを回避できます。

我が家の車もつけてます。なんてったって野生動物遭遇が非常に多いですからね。

もしど田舎に暮らす予定のある方やピッカーのお仕事で郊外を走る事になる方で今後、中古の車を購入する予定があるなら”ブルバー設置”済みを選ぶことをお勧めします。

さて、もう一つ路上注意するべき動物。。。

ハリモグラ遭遇 びっくりしますよ、走行中に前を走るトラックが減速して大きく何かをよけた!
そして見えてきたのがこれ!
道路を横切るハリモグラちゃん
一生懸命歩きます。

渡り切りました。
どこへ行くのやら。。。

オーストラリア郊外の道路では”ハリモグラ”(Echidna)ちゃんにもしばしば遭遇します。
もしひいてしまうとハリモグラもかわいそうですがタイヤが破損して危険そのもの。
しかもこればかりはブルバーを設置していても回避できない。
今まで私は3回ほど遭遇しました。
いずれも後ろや対抗車がいなかったので減速して避ける事が出来ましたが、うち1回は夜だったのでライトがあたって初めて存在に気づき無茶苦茶ビビりました。
オーストラリアの5セント裏側はハリモグラの絵 恥ずかしながら今まで知らなかったんです。
5セントコインの裏側は”ハリモグラ”の絵だったのです。


ちょっと見ずらいですが、5の真上に顔があってお腹をむけている感じ。

こちらは10セント。こちらは”コトドリ”の絵です。

20セントには人気の”カモノハシ”の絵。
ハリモグラもオーストラリアを代表する動物の一つだったんですね。

田舎暮らし、ブッシュ暮らし。
カンガルー親子が前を横切ったり、野ウサギがいきなり飛び出てきたり。。。
数日前は何か黒い棒が。。。と思いきやヘビだったー😆
その前はいきなり”クッカバラ”が木の上の方から飛…