投稿

10月, 2018の投稿を表示しています

田舎町の秘密スポット!ドッグフレンドリーキャラヴァンパーク”Mingo Croosing Caravan Park”

イメージ
以前マウントペリー(Mt Perry)での”ミュージック&アート30周年記念”の記事を書きました。

☆メルボルンからロックミュージシャンがやってきた!Mt Perryミュージック&アート30周年記念の記事はこちら


そのマウントペリーへ向かう道中は内陸地らしいまさしくブッシュ。

ところが途中で別世界が目の前に広がってきたのです。

素晴らしい光景が目に飛び込んできました。

バーネット川に通じる美しい湖畔




橋を渡る所

☆ミンゴ―クロッシング キャラヴァン&リクリエーション パーク☆ その先にはオージーたちの”秘密の人気スポット”であるキャラヴァンパークが 登場します。
カヌーを楽しむ人

ちょっと立ち寄って休憩する人
キャラバンカーで滞在する人たち
ペリカンちゃん
もっと一杯いたペリカンたち
あっちにもこっちにもペリカンだ!

ホリデーシーズンは口コミでどんどん人が訪れています。
朝夕は犬を散歩させる人達
ジョギングを楽しむ人達
カヌーを楽しむ人達
など田舎の大自然に恵まれた環境で思い切りアウトドアをそれぞれが気ままに満喫している光景が印象的でした。
キャラヴァンパーク 広大なキャンプ場、12戸の電気付キャラヴァンサイト、キオスクもあって屋根付きのでっかいバーベキューエリアも人気。
非常に広大な敷地なので釣りやカヌーを楽しむ人たちの駐車場の心配も無用。
フリーWIFIも可能。
ここから歴史誇る田舎町マウントペリーまでは約30分。
人気シーズンは賑わいながらも、オフシーズンは静かで美しい隠れ家的スポットです。
サイトはこちら。
https://www.southerngreatbarrierreef.com.au/directory/mingo-crossing-caravan-and-recreation-park



マウント ペリー ”ミュージック ワークショップ” 編。プロから教わる貴重な体験記。

イメージ
先の記事で「マウントペリー”ミュージック&アート30周年記念」の行事に

メルボルンからプロのロックミュージシャン”が来てくれた事をお伝えしました。


キーボード担当のクリス氏とギター担当のロバート氏の二人。

彼らのコンサートは夕方からの予定でしたがその前に朝8時半から4時まで

”ミュージックワークショップ”と言う行事が開催されたのです。


楽器を習っている学生たちに諸々伝授してくれるという何ともありがたい催し。

「ロックと管弦楽器のコラボレーション」 この日はクラッシックではなくロック・ブルースをベースにした曲で進行。


楽譜なしでクリス(キーボード)の誘導のもと、ロックと弦楽器のコラボレーションを実現させます。

オーストラリアバンドを代表するACDCのT.N.Tを演奏。


我が家の息子、どんちゃん(チェロ演奏しているチェックシャツ)はDaddyの影響を受けてACDCの大ファンなので非常に貴重なありがたい経験でした。



「洋楽の歴史と代表するミュージシャン」を学ぶ様子


ブルース☆Delta:デルタブルース

アメリカ合衆国南部のミシシッピ川流域やテネシー州で発生した初期のブルース。

アコースティックギターとハーモニカが多く使われた。


☆Chicago:シカゴブルース

アメリカのイリノイ州シカゴで1950年頃に登場したブルース。

デルタブルースにエレキギターを取り入れてバンドスタイルに発展させた。


JAZZ☆スィングジャズ

1940年代中頃までのビッグバンドとヴォーカルを加えたジャズの演奏スタイル。

☆ジャンプブルース

ビッグバンド・ジャズとブルースをかねあわせた演奏スタイル。
代表的ミュージシャンはアメリカの歌手でありサックス演奏者のルイ・ジョーダン


Rock+ Roll
50年代:エルヴィス

60年代:ビートルズ

70年代:イーグルス

80年代:DISCO

90年代:ニルヴァーナ(Nirvana

など。

レッスンタイム
☆Purple Haze (Jimi Hendrixの曲)を弾いてくれているところです。

この他にも ”seven nation army" や ”smoke on the water" のリフを教えてくれました。




休憩時間も自分たちで演奏を楽しむ光景


コンサートで披露 日中に練習した曲を夕方からのコンサートで披露。

この他、ブラスバン…

メルボルンからROCKミュージシャンがやって来た!”マウントペリー’music & art'’30周年記念”編

イメージ
2018年9月22日(土)

この日はMt Perry(マウント ペリー)と言う田舎町で

"Music & Art 30周年記念"

の祝典が開催されました。

Mt Perry さて、一体どこ?



バンダバーグ(Bundaberg)から内陸へ約1時間半位、ここガインダからだと1時間ほど。

道路が舗装されていれば約40分から45分で到着できますが途中、途中で

”dirt road"と呼ばれる未舗装の道を走らなけらばいけません。



もしこんな道路を100キロのスピードで突っ走るともう砂埃りだらけで 前は何も見えない!
50~60キロのスピードでも後ろの窓はもう土だらけで覆われてしまいます。
いやー、これぞオーストラリアの大地だ!と思う瞬間です。
おー、やっと舗装された道路へ!と思いきや。。。

牛たちが横断しますから本当に注意です。😅
Music & Art 30周年祝典 Mt Perryはゴールドマイニング(金の採掘)で知られています。
Evolution Miningと言う大手のマイニング会社がこの土地のゴールドマイニングに携わっています。
なので政府と共に祝典のスポンサーとなっていました。
とても小さな田舎町ですがここで素晴らしいイベントが開催されたのです。




メルボルンからプロのロックミュージシャンがやってきた! セレブレーションのプログラムの中に
「ミュージック ワークショップ」が設けられました。
何かと言うと、このプロのミュージシャンが「歌の構成」「レコーディング技術」「演奏スタイル」「歌詞」などを始め、ギターやピアノのレッスンもしてくれるという素晴らしい行事。
何でこんなど田舎に? 失礼ながらも疑問でした。
そこでこのプログラムの担当者に聞くと、その女性もギター演奏者。
このプロミュージシャンとは、彼女がメルボルンに住んでいた頃からの知り合いで声をかけて来てもらう事になったとの事。
本当にすごいコネクションです。失礼ながらこの山奥で。。。
Chris Wilson と Robert Thorne

そのプロミュージシャンとは!
キーボード、ベースギター、ヴォーカル、作詞作曲家, レコーディングのプロ
”クリス ウィルソン”と、


ギターの先生もしながら同じく作詞作曲家の
”ロバート ソーン




クリスは昔、あのオーストラリアバン…