投稿

4月, 2020の投稿を表示しています

ナショナル ラグビー リーグ(NRL)のスターがソーシャルディスタンシングのルールを破る!

イメージ
コロナウィルスの感染予防のため世界各国で"Social distancing(ソーシャルディスタンシング)"がとられています。 ここオーストラリアでは3月16日以降から。 3月頭にイタリアをはじめヨーローッパ各地で感染者が急激に増加。 都市閉鎖をはじめとした厳しい措置がとられているのを見ていると。。。  自国オーストラリアもじわじわっと感染者が増えてきてしまったのです。 このまま放っておくとヨーロッパのように感染者数の勃発が起きてしまう⚠という事で ソーシャルディスタンシングに加えて「公共での集合人数制限」も段階的に進められてきました。 ①3月16日より 500人以上の集会の停止と1.5mのソーシャルディスタンシングを推奨  これにより学校全生徒による行事も一般のさまざまなイベントが中止や延期になってしまいました。 旅行禁止も中国だけでなく全世界に強化。一方で国外旅行者は即帰豪するように指示。 握手やハグはしないように呼びかけられました。 ②3月18日より100人以上の集会の停止推奨 これでほぼ学校行事は中止や延期。 我が息子、どんちゃんの通う学校はまだ音楽のレッスンやアンサンブル、オーケストラのレッスンは1.5メートルの間隔をあけて続けられていました。 3月22日には バーやクラブ、レストラン、映画館、 礼拝集会、カジノ、ジムの閉鎖命令。 ③3月25日 フードコートや家のオークションの集まり、結婚式もゲストは2人の承認者を含む合計5人まで。お葬式参列者数は10人まで。公共の集まりは10人まで! ゴールドコーストのボンダイビーチやシドニーでソーシャルディスタンシングを守らない事が大問題に! ビーチは閉鎖になってしまいました。 スーパーマーケットをはじめ、店側も距離を保つために床にシールを張ったり各コーナーごと10人までの人数制限の張り紙、警備員さんが巡回し始めました。   ④3月29日より 公共での集まりは2人までに強化。 この頃 学校は1学期の最終週。イースターホリデー前の1週間は医療関係者や生活維持に必要な業種についている必須労働者を保護者に持つ子供以外は基本ホームスクーリングになりました。  公園もテープこそ張られていないものの子供ずれの姿は見

2020年のANZAC DAY(アンザック デイ)。Last Post(ラストポスト)を演奏し家の前で追悼の意。コロナウィルスに負けないスピリットで心をひとつにした日。

イメージ
 今日4月25日はオーストラリアで最も重要な行事の一つとされる”Anzac Day”( アンザック デイ)です。  ANZAC DAYとは 毎年 4 月 25 日、第一次世界大戦のガリポリの戦いで勇敢に戦ったオーストラリア・ニュージーランド軍団 (ANZAC) の兵たちと、当時国の為に尽力した人々のために追悼を行う。  1969 年に記念日が設立した。 1915 年 4 月 25 日に ANZAC 軍がトルコのガリポリに上陸したことに由来する。 引用元: Anzac day より https://ja.wikipedia.org/wiki/ANZAC%E3%81%AE%E6%97%A5  以前にも記事にしましたが当時の戦いで命を落とした戦士たちの追悼を行う大事な日。 今ではアンザックデーだけでなく第一次、第二次世界大戦やアフガニスタンの支援など平和のために活動して命を失った兵士たちすべての霊を慰める日となっています。 本来ならこの祝日は各地で軍隊パレードを含めた盛大な追悼式が行われますが今年はコロナウィルスの為に行事はキャンセル。 家の前に立って追悼の意を!の呼びかけ 各地で Dawn service (夜明けの礼拝・式典)と呼ばれる追悼式の集まりがキャンセルされる中、今年は(早朝5時から6時の間)各自家の前(家のドライヴウエイとかベランダ)に立って追悼の意を表しようというメッセージが流されました。 我が家も朝5時起きでテレビをつけて”追悼式”を見て6時前に外に出て門をあけてみると。。。 1件開けた隣の家族も揃って立っていました! お互い手を振ってしばらくの間黙とう。 ミュージシャンはぜひ「 LAST POST 」(ラスト ポスト)を演奏しよう!との呼びかけ   本来なら盛大に追悼式が行われそれを代表するのが「 LAST   POST 」のバグパイプや軍隊ラッパによる演奏です。 LAST POST とは この「 LAST POST 」と言うのは戦争で亡くなった兵士たちの追悼式で流される曲名です。 訳すと「1日の終わり」 この曲名の背景には長い歴史があり最初に出版されたのが1790年。 英国の軍隊