ナショナル ラグビー リーグ(NRL)のスターがソーシャルディスタンシングのルールを破る!

コロナウィルスの感染予防のため世界各国で"Social distancing(ソーシャルディスタンシング)"がとられています。

ここオーストラリアでは3月16日以降から。

3月頭にイタリアをはじめヨーローッパ各地で感染者が急激に増加。
都市閉鎖をはじめとした厳しい措置がとられているのを見ていると。。。

 自国オーストラリアもじわじわっと感染者が増えてきてしまったのです。

このまま放っておくとヨーロッパのように感染者数の勃発が起きてしまう⚠という事で

ソーシャルディスタンシングに加えて「公共での集合人数制限」も段階的に進められてきました。

①3月16日より 500人以上の集会の停止と1.5mのソーシャルディスタンシングを推奨

 これにより学校全生徒による行事も一般のさまざまなイベントが中止や延期になってしまいました。

旅行禁止も中国だけでなく全世界に強化。一方で国外旅行者は即帰豪するように指示。

握手やハグはしないように呼びかけられました。



②3月18日より100人以上の集会の停止推奨

これでほぼ学校行事は中止や延期。
我が息子、どんちゃんの通う学校はまだ音楽のレッスンやアンサンブル、オーケストラのレッスンは1.5メートルの間隔をあけて続けられていました。

3月22日には バーやクラブ、レストラン、映画館、 礼拝集会、カジノ、ジムの閉鎖命令。

③3月25日 フードコートや家のオークションの集まり、結婚式もゲストは2人の承認者を含む合計5人まで。お葬式参列者数は10人まで。公共の集まりは10人まで!

ゴールドコーストのボンダイビーチやシドニーでソーシャルディスタンシングを守らない事が大問題に!


ビーチは閉鎖になってしまいました。

スーパーマーケットをはじめ、店側も距離を保つために床にシールを張ったり各コーナーごと10人までの人数制限の張り紙、警備員さんが巡回し始めました。


 

④3月29日より 公共での集まりは2人までに強化。

この頃 学校は1学期の最終週。イースターホリデー前の1週間は医療関係者や生活維持に必要な業種についている必須労働者を保護者に持つ子供以外は基本ホームスクーリングになりました。

 公園もテープこそ張られていないものの子供ずれの姿は見えなくなりました。

とにかく「Stay at home!」

イースターホリデーは各州知事が「家に留まること!このイースターホリデーはホリデーではないのよ。荷物詰め込んで家族や友達とどこかに行こうなんて考えちゃだめよ。」

と強く訴えて一層ここまでくると駄々をこねる子供たちにむけたメッセージみたいでした。

先日の4月25日にはオージーにとって大事なアンザックデイ。もちろんこの追悼行事も中止。

そのかわりに家のドライヴウエイやベランダで各自追悼をする姿がより一層国民の心を一つにして感動のニュースが伝わってきたばかりだったのに。。。

今日丁度お昼にテレビをつけたら衝撃のニュース。

NRL(ナショナルラグビーリーグ)の有名選手がソーシャルディスタンシングのルールを破って グループでキャンプをしシューティングやダートバイクを楽しんでいたのだ! しかもその楽しそうな写真の数々を自身のインスタにアップ。




案の定皆が我慢しているのに堂々とルールを破っているのに大批判。

本人たちは自分の親戚のところに行っておじさんから狩りの仕方とか文化を習っていた?と反論。

ところがあまりの反響で?その後謝罪付きのニュースになりました。

https://www.abc.net.au/news/2020-04-27/nrl-players-social-distancing-social-media-apology/12189364



ソーシャルディスタンシングのルールを守らない人が多かったので今では1,000ドルの罰金が課せられるほど。。。

NRLはコロナウィルスの影響でシーズン開始が延期されていましたがようやく5月28日から開始される ことになっていたのです。

それまで選手たちそれぞれ我慢して個々で練習をしていたのにこれで感染確立ゼロから可能性ありに。。。

もうやってしまった事は仕方ないけどインスタに投稿するくらいだから本当にどれだけ重大な事をしでかしたかわかっていなかったんだろうな。。。

これをきっかけに”同じように我慢できずに行動に走る人が肝に銘じてとどまってくれればいい”と願うと共に「早く事態が収まりますように」と祈りつつ、今日も朝から自宅学習のどんちゃんのスケジュール管理と英語の問題を逆に教わる母😌でありました。










コメント

人気記事

吉本奈津子さんが演奏です。その価値なんと約1億円以上のヴァイオリン!

オーストラリアの学校が選ぶ第二外国語。日本語、中国語それとも?

バンダバーグお勧めのお土産屋さん。