投稿

7月, 2020の投稿を表示しています

オーストラリア、ヴィクトリア州にコロナウィルス感染の第2波。8月2日(日)よりヴィクトリア州民にマスク着用の義務化!違反者は罰金200ドルときた。

イメージ
オーストラリア、ヴィクトリア州にコロナウィルスの第2波が押し寄せています。 3月初旬から感染が拡大した後、早期段階で各州の境界線設置、ソーシャルディスタンシングと外出自粛の徹底で1ヶ月余りで収束に向かった第一波。 5月中旬から3段階に分けて4週間ごとに段階的規制緩和が実施されていました。   その最後の規制緩和ステップ3にあたるのがこの7月。 ところが、ヴィクトリア州だけ状況が一変。。。 6月にメルボルンのある地域でクラスター発生。 そこからまた感染拡大してしまったのです。 私たち家族が住むクィーンズランド州は順調に規制緩和が進み、アナ州知事も予定通り他州との境界線の解除を発表!ただーし、”ヴィクトリア州を除く”と。。。。。 その後、ヴィクトリア州のお隣、ニュースサウスウエールズ州のシドニーの特定地域にも感染が広がり境界線解除の除外となってしまいました。 毎年この冬の時期、寒いヴィクトリア州やニュースウエールズ州から多数の旅行客が暖かいクィーンズランド州へ上がってきます。 第一波が収束してもコロナウィルスが消滅したわけではないから人が集まり移動すると感染拡大の火をつけることになってしまう。。。 ここにきてクィーンズランド州知事はまたコロナウィルスを持ち込ませないように境界線を引く手法に出ています。 7月22日(水)よりメルボルン都市圏とMitchell Shire(ミッチェル地区)にマスク着用命令 第1波が押し寄せた時もオーストラリアではマスク姿を見るのは都会の人の一部でした。 マスクなしでもソーシャルディスタンシングや手洗い、消毒の徹底と自粛規制で収束したのですが見る見るうちに感染拡大した特定地域、メルボルンとミッチェル地区にマスク着用化が義務付けられました。 8月2日(日)11:59pmよりヴィクトリア州民全員にマスク着用を強制化 更にヴィクトリア州民全員にも外出時のマスク着用が義務づけられます。 違反者は$200の罰金。 拡大原因の一つに家族間や仕事場があげられ、特に大家族で住む人や親戚、家族間の集まりが指摘されソーシャルディスタンシングが取られにくい状況のもとが火種と考えられています。 経済に影響を与えることなく、少ないコストで最大のウィルス対策が取れることとして