オーストラリア、ヴィクトリア州にコロナウィルス感染の第2波。8月2日(日)よりヴィクトリア州民にマスク着用の義務化!違反者は罰金200ドルときた。

オーストラリア、ヴィクトリア州にコロナウィルスの第2波が押し寄せています。

3月初旬から感染が拡大した後、早期段階で各州の境界線設置、ソーシャルディスタンシングと外出自粛の徹底で1ヶ月余りで収束に向かった第一波。


5月中旬から3段階に分けて4週間ごとに段階的規制緩和が実施されていました。


 


その最後の規制緩和ステップ3にあたるのがこの7月。

ところが、ヴィクトリア州だけ状況が一変。。。



6月にメルボルンのある地域でクラスター発生。

そこからまた感染拡大してしまったのです。

私たち家族が住むクィーンズランド州は順調に規制緩和が進み、アナ州知事も予定通り他州との境界線の解除を発表!ただーし、”ヴィクトリア州を除く”と。。。。。

その後、ヴィクトリア州のお隣、ニュースサウスウエールズ州のシドニーの特定地域にも感染が広がり境界線解除の除外となってしまいました。

毎年この冬の時期、寒いヴィクトリア州やニュースウエールズ州から多数の旅行客が暖かいクィーンズランド州へ上がってきます。

第一波が収束してもコロナウィルスが消滅したわけではないから人が集まり移動すると感染拡大の火をつけることになってしまう。。。

ここにきてクィーンズランド州知事はまたコロナウィルスを持ち込ませないように境界線を引く手法に出ています。


7月22日(水)よりメルボルン都市圏とMitchell Shire(ミッチェル地区)にマスク着用命令

第1波が押し寄せた時もオーストラリアではマスク姿を見るのは都会の人の一部でした。

マスクなしでもソーシャルディスタンシングや手洗い、消毒の徹底と自粛規制で収束したのですが見る見るうちに感染拡大した特定地域、メルボルンとミッチェル地区にマスク着用化が義務付けられました。

8月2日(日)11:59pmよりヴィクトリア州民全員にマスク着用を強制化

更にヴィクトリア州民全員にも外出時のマスク着用が義務づけられます。

違反者は$200の罰金。

拡大原因の一つに家族間や仕事場があげられ、特に大家族で住む人や親戚、家族間の集まりが指摘されソーシャルディスタンシングが取られにくい状況のもとが火種と考えられています。

経済に影響を与えることなく、少ないコストで最大のウィルス対策が取れることとして
遂に強制化に踏み切った様子。



オーストラリア人はマスクをしない?


そもそも公共の場でマスク着用者を滅多に見ることがないオーストラリア。

冬場のインフルエンザが流行る時期でも予防接種は結構積極的に受けるもマスクを着用する人はほとんど皆無に近い国民性。

このコロナウィルス流行の中で他国の人たちがマスクを着用している光景をメディアで見るものの、マスク姿は医療関係者を除いて大都市で暮らす一部の人たちのみ。

なのでマスク不足なんて事態は起こらず。。。

当初、国としてもマスク着用を積極的には呼びかけなかった。



他国に比べて感染者数が少かった事、ソーシャルディスタンシングと手洗いの徹底を最優先させ、医療関係者へのマスク不足の事態を避けたなど言われています。

マスク着用の基準は

✳︎コロナウィルス感染者と接触した疑いがある。

✳︎感染に似た症状が見られる。

✳︎ソーシャルディスタンシングが取れない状況時。

とあってそもそもそういう人は外出を自粛するべきだから公共の場でマスク姿だらけの人たちを見るような事態にしたくないというのが初期の頃の状況でした。

但し、他国に見られるような感染者数が激増した場合は防御のために呼びかける可能性があると。。。

(詳細記事は下記を参照ください。)
"People in other countries have been told to wear masks to protect from coronavirus. Australia isn't in the same boat"

参照元:ABCニュース https://www.abc.net.au/news/2020-05-22/coronavirus-should-australians-wear-face-masks-for-protection/12265036?utm_source=abc_news&utm_medium=content_shared&utm_content=link&utm_campaign=abc_news

そして遂にその事態が来てしまったのです。


アンチマスク派が出現

日本を始め、アジア諸国では冬場に防御策としてマスク着用が習慣化されているのでわざわざ強制着用令など発令しなくてもむしろマスクが手に入ることがありがたいと思われます。

でもその習慣がないオージーたち。

そんなにマスク着用が嫌なのか???

嫌みたい。。。

仕事でマスクをする人も多いけど日常化するのとは違うらしいのです。

そもそも外出時につける習慣がないから突然、顔半分が覆われて見た目も良くないししかも鼻と口が塞がれて息苦しい。分かります。慣れるまで不快です。

不快でも防御思考が洗脳された国とそうでない国ではアンチマスク派が出現するくらいの感覚に開きがあるのです。


紫外線対策のサングラス着用のようにはいかない。。。

ラジオでも「マスクは本当に着けた方がいいのか?やっぱり不快感があるしルックスも良くないじゃないか。。。」
と話題になっているのを聞いて

”マスクを着ける、着けないでこれだけ騒ぐ事態になるとは😅😅。。。” と逆に苦笑いしてしまう私。

おまけにマスク着用が義務付けられているのにそれを拒否した客が店員と警察に食ってかかるシーンも。。。
どうやらマスク着用する、しないの自由な選択権を無視した人権侵害だと言いたいらしい。




更にはアンチマスクのプロテスタントが登場。




ここまでくると本来の自由の尊重とか人権の意味が混同しまくっている感じ。


マスク着用強制化で習慣化させる狙い


今のところメルボルンのあるヴィクトリア州が大変な事態なのでマスク着用の強制化に乗り出しましたがニュースサウスウエールズ州もスーパーマーケット側が着用を求め始めました。


強制化でマスクをしている人だらけになり、逆にしていないと一発で目についてしまう。。。

嫌でも着用している人たちからすると着けていない人はもの凄い冷たい目で見られる事になる。

敷いては着用化がじわじわと習慣化されていくと筋書きのようです。


ソーシャルディスタンシング、手洗い消毒が習慣化されてきた次はマスク着用。

少なくとも自分を守り他人も守るという意味でプラス思考に捉えて欲しいと心から願う日々であります。

っていうか、そんなにマスク着用って問題かいな???

結構つけたくなるようなお洒落なマスクがあるのにな。。。

ともかく今後の傾向に目が離せません。










コメント

人気記事

吉本奈津子さんが演奏です。その価値なんと約1億円以上のヴァイオリン!

バンダバーグお勧めのお土産屋さん。

名古屋で日本語を修得したニコラス先生、2020年オリンピックに向けてラジオで語る。